株式会社設立には、どのような手続が必要ですか?

株式会社の設立には、2つの役所の手続を経る必要があります。

一つ目は、「公証役場」という役所です。
会社設立の際は、まず会社の定款(規約のようなものです)を作成する必要があります。
この定款は公証役場で、認証手続を受ける必要があります。

二つ目は、「法務局」という役所です。
会社は法務局に登記されて初めて法人格となりますので、法務局に登記申請手続を行う必要があります。

以上の二つの役所の手続が終われば、会社は法人として誕生します。

会社謄本(登記事項証明書)や会社印の印鑑証明書は、登記された後に法務局で取得することができます。