グレーゾーン金利とは何か?

金融機関が用いる金銭消費貸借という契約について、法で定められた上限の金利が二種類あるために、長い間この「グレーゾーン」の中で運用する金融機関が存在していました。
低い方の「利息制限法」の上限金利は、借入金額に応じて、年15%・18%・20%となっており、これに対して高い方の「出資法」の上限金利は年29.2%となっております。
この20~29.2%の間で契約を結ぶ場合を、「グレーゾーン金利」での契約と呼びます。なぜこの間で契約を結ぶのかは下記利息制限法・出資法の説明をご覧ください。