出資法とは何か?

出資法とは、貸金業者が結ぶ金銭消費貸借契約で罰則が与えられる上限金利を定めた法律です。上限金利は年29.2%で、これを超えると5年以下の懲役や、1000万円以下の罰金といった刑事罰の対象となります。