「法定相続分」とは何ですか?

『民法』という法律で定められた各相続人の相続分のことです。
その内容は次のとおりとなっています。

●相続人が【配偶者】のみ      ・・・配偶者が全てを相続

●相続人が【配偶者】と【子】 ・・・配偶者 : 2分の1  子 : 2分の1
※【子】が複数いる場合には2分の1の相続分を等分します。

●相続人が【配偶者】と【直系尊属】・・・配偶者 : 3分の2  直系尊属 : 3分の1
※亡くなられた方の父母の双方が存命である場合には、3分の1の相続分を等分します。
※亡くなられた方の父母と祖父母が存命である場合でも、相続人になるのは亡 くなられた方に最も近い親等である【父母】だけです。

●相続人が【配偶者】と【兄弟姉妹】・・・配偶者 : 4分の3  兄弟姉妹 : 4分の1
※【兄弟姉妹】が複数いる場合には4分の1の相続分を等分します。

※【夫婦間に子どもがいないから遺産は全て配偶者のものになる】ということでは必ずしもありません!全てを配偶者が相続するためには【遺言書】が必要です。