借金も相続しなければなりませんか?

預金、不動産といった【プラスの財産】ばかりではなく、借金などといった【マイナスの財産】も相続財産に含まれます。

●被相続人(亡くなった方)に借金があり、【プラスの財産】と比べてもあまりに多い場合には、「相続をしたくない」と考えてしまうことが通常です。
その場合には『相続放棄』の方法をとることが考えられますが、【被相続人の死亡から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出る必要】があります。