夫には先妻との間に子どもがいるのですが。

離婚された先妻の方は相続人となりませんが、先妻との間の子どもにも相続権はあります。

●先妻との間の子どもも被相続人としての旦那さまのお子さまに変わりはなく、先妻の子どもも後妻の子どもも相続分は同じです。

≪例≫
被相続人に先妻との間の子ども1人と後妻との間にも子どもが1人いた場合には、相続人は【後妻】と】、【後妻との間の子ども】そして【先妻との間の子ど も】であり、相続分は後妻が【2分の1】、先妻の子ども、後妻の子どもがそれぞれ【4分の1】ずつとなってしまいます。

このような場合には【遺言書】が大きな力を発揮します。

生前に『後妻とその子どもにすべての財産を相続させる』という遺言書を旦那さまが書くことによって解決することができます。

※但し、「遺留分」に注意する必要があります。