土地と建物しかないし、遺言書なんてウチには必要ないと思います。

「遺言書はたくさんの資産を持つ人が書くもの」と決め付けてはいませんか?

●【遺言書】は亡くなられた方の最後の意思表示。決して「資産が多いから書く」「資産が少ないから書かない」という種類のものではありません。民法では【15歳】から書くことが認められています。

近 年では一般の方々の『権利意識』というものが非常に高まってきており、また、核家族化の浸透による他の親族との接点の無さから、遺産の分割争いに発展して しまうケースが多々見受けられます。「実は全く会ったことのない相続人がいるということがわかって…」と不安な面持ちでご相談にいらっしゃる方も少なくあ りません。

しかしながら、このような状況は故人がその分割方法の意思をはっきりと遺すことで避けられたものばかりなのです。

【遺言書をお書きになる方】は、その不動産や預貯金が『立派な財産』であることを決して忘れないでください。

みなさまが一生懸命に働いて得てきた財産を理由に、配偶者やお子さまといった、みなさまの大切な方々が揉め事に巻き込まれてしまうことは大変残念なことです。

【遺言書】という明確な意思を遺すことで、素早く普通の生活に戻ってもらうことこそ、常々考えていかねばならないことなのではないでしょうか。

【遺言書を書いてもらう方々】は、突然現れた「面識のない相続人」と遺産分割協議をしていかなければならないのはご自身であることを認識しなければなりません。

【遺言書】を遺してもらうことは、自分達が紛争に巻き込まれることを防ぐ、非常に有力な手段なのです。

「遺す人」と「遺される人」、お互いがお互いのために【遺言書を書き】、【遺言書を書いてもらうこと】をもっともっと話し合われてみてはいかがでしょうか?