「遺留分」って何ですか?

遺された遺族が受けることの出来る最低限の保証としての「亡くなった方が遺言によっても自由に処分できない財産」のことです。

●「遺産」というのは、本来は亡くなった方の財産ですから、遺言などによって自由処分できるのが原則です。しかし、それではこれまで家計を共にしてきた配偶者や子どもなどの法定相続人が、その後の生活を脅かされることとなります。

□そのような不利益を許さないために定められてる制度が【遺留分】なのです。
遺留分の計算は次のとおりです。

・配偶者又は子が相続人となる場合         …相続財産の2分の1
・父や母などの直系尊属のみが相続人となる場合…相続財産の3分の1

※ 亡くなった方の兄弟姉妹に遺留分の権利はありません。

遺留分を侵害するような形での遺言書を作成した場合には、後日、財産を相続する方が「遺留分を返せ」という形で遺留分権利者から訴えられる可能性が残るため、注意が必要です。