不動産相続の手続きの流れ | 司法書士法人ゴーイング

不動産相続の手続きの流れ

不動産相続の手続きの流れ

1,はじめに、だれが相続するのかを決めます。
遺言書があれば遺言書のとおりに手続きを行います。遺言書が無い場合は遺産分割協議書を作成します。

誰が不動産を相続するのか

 

2,だれが相続するか決まったら登記申請書と「登記申請書提出の必要書類」を法務局に提出します。
遺産分割協議書(遺言書があれば遺言書)、相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書被相続人の戸籍謄本被相続人の住民票の除票不動産相続をする人の住民票不動産の固定資産評価証明書不動産の登記事項証明書
すべて集めるのが大変な場合はご依頼ください。

登記申請書と必要書類を法務局に提出

以上が不動産相続の手続きの流れになります。不動産相続の登記に期限はありませんが早めに行いましょう。
ご不明な点はご相談ください。

不動産相続の必要書類

不動産相続の必要書類です。登記によって必要になる書類がちがいます。
詳しくは不動産登記の必要書類をご覧ください。

建物表題登記
所有権証明書(建築確認通知書、検査済証など)、住民票、建物図面、各階平面図など

所有権保存登記(建物)
住民票、※住宅家屋証明書など

所有権移転登記(土地)
登記原因証明情報、土地の価格証明書
売主:登記済権利証又は登記識別情報、資格証明書及び 印鑑証明書など
買主:住民票など

抵当権設定登記
登記原因証明情報又は抵当権設定契約書、
抵当権者(銀行等):資格証明書など
抵当権設定者(買主):印鑑証明書、※住宅家屋証明書など

不動産相続の登記申請書の書き方

不動産を相続する際に提出する申請書の書き方です。例として所有権移転の登記申請書の書き方についてご説明いたします。

 「原因」「相続人」は被相続人が亡くなった日付です。
 「課税価格」登録免許税」は自分で計算するか法務局で確認しましょう。
 「不動産の表示」は登記簿謄本などにある不動産番号を記載すれば所在や地積を省略できます。

ご不明な点はご相談ください。不動産の相続の登記申請書は法務局ホームページからダウンロードできます。
不動産登記の申請書様式について:法務局 (moj.go.jp)

記載例:不動産相続(所有権移転)登記申請書

不動産相続の登記申請書の書き方

 

登記申請書提出の必要書類

登記申請書は不動産がある住所を管轄する法務局へ提出します。仙台法務局 管内法務局一覧はこちら
提出する際に必要な書類は以下になります。すべて集めるのが大変な場合はご依頼ください。

・遺産分割協議書(遺言書があれば遺言書)
・相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書
・被相続人の戸籍謄本
・被相続人の住民票の除票
・不動産相続をする人の住民票
・不動産の固定資産評価証明書
・不動産の登記事項証明書

取得することができる証明書の種類は「法務局証明サービスセンターにおける取扱証明書一覧」をご覧ください。
仙台法務局 管内法務局一覧(仙台法務局本局、名取出張所、大和法務局証明サービスセンター、塩竈支局、大河原支局、古川支局、石巻支局、登米支局、栗原法務局証明サービスセンター、気仙沼支局)