任意後見制度

任意後見制度

将来、認知症、脳梗塞などを患い、判断能力が低下した場合に備えて、 誰にどのようなこと(財産管理や法律行為の代理等)を手伝ってほしいか、どのようなケア(療養看護等)を受けたいかなど、自分の意思を表明して、信頼でき る人に任意後見人になってもらい、契約をしておきます。そして、いざ、判断が自分でできなくなってしまったときには、その後見人に自分の意思どおりにして もらうことができます。

任意後見開始までの流れ

  1. 親族や司法書士等と任意後見契約(公正証書)の締結
  2. 認知症などにより判断能力の低下
  3. 任意後見監督人の選任申立任意後見監督人とは、任意後見人が契約どおりに    後見事務を行っているか監督する人です
  4. 任意後見開始任意後見契約によって約束した手続や財産の管理を行います。

法定後見制度

法定後見制度は、認知症や精神障害、知的障害などの影響で判断能力が不十分になってしまった人のために、家庭裁判所が法律に従って本人を援助する成年後見 人など(成年後見人、保佐人、補助人)を選任し、代理権や同意権などを与えて、本人を保護するものです。

  • 後見の対象者自分の財産管理・処分ができないなど、判断能力がほとんどない方
  • 保佐の対象者自分の財産管理・処分に、常に援助が必要な程度の判断能力があるという方
  • 補助の対象者自分の財産管理・処分に、援助が必要な場合があるという程度の方

成年後見人の役割

後見(保佐・補助)が始まると、成年後見人(保佐人・補助人)が本人に代わって、 施設利用料・入院費の支払い・入所契約・診療契約の締結などを行います。主に、財産管理をしてもらいます。 後見の場合は、すべての行為について代理権が与えられますが、保佐や補助の場合は、何に対して代理権を与えるのか、など、状況に応じて決めることができま す。

法定後見開始までの流れ

    1. 認知症などの影響によって判断能力が低下
    2. S家庭裁判所への申立

        本人の状況によって後見・保佐・補助開始の申立。

    • 成年後見人(保佐人・補助人)の選任
    • 後見開始 成年後見人等が本人に代わって、契約の締結などを行います。