債務整理

借金問題を解決したい方(債務整理)

借金問題を解決する手段には、いくつかの選択肢があります。 あなたの状況に応じて、的確な手段を採らなければなりません。自分や家族だけで悩まないで思い切って認定司法書士(簡易裁判所訴訟代理関係業務について法務大臣の認定を得た司法書士)に相談してみるのが解決の近道です。 司法書士が、受任通知書を債権者に発送し、通知が届けば、債権者からあなたへの請求は止まります。 地方にお住まいの方からの債務整理のご依頼もお受けしております。
任意整理

任意整理は、裁判所の手続(破産・民事再生など)を利用しないで消費者金融などの債権者と直接交渉し、債務者が十分に支払っていける範囲で返済計画 を立てる方法です。本人が直接交渉を行うのは事実上難しいので、認定司法書士など法律の専門家に依頼することになります。
任意整理のメリット

取立てが止まる

債務者の方が司法書士などの専門家に任意整理を依頼すると、いわゆる「介入通知」を消費者金融などの債権者に出します。介入通知によって債権者からの督促 はストップし、その上で支払方法や返済金額について債権者と交渉することになります。この交渉はすべて司法書士が行いますので、債権者から督促を受けるこ とや、直接話をすることは一切なくなります。

借金が減る

返済金額は元本と利息によって算出されますが、利息制限法に定める金利を超えて利息計算されている場合は、 利息制限法の金利で計算し直す(再計算)ことによって、 借入金残高を減らすことが出来ます。借入期間が長い場合などでは、借入金がなくなり、払い過ぎが生じていることがあります。このような場合は払い過ぎたお 金の返還を請求することが出来ます。 過払い金の詳細はこちら

任意整理後の利息がゼロになる

任意整理による和解成立後の返済については利息を付けないことが原則となっています。もし、取引期間が短かったために任意整理をしても借入れした元本をそれほど減らせない場合でも、任意整理後の利息がゼロになれば返済残高を減らせることになり、完済がしやすくなります。