相続人が遺言書が預けられているか確認する(証明書の請求)

相続人等が遺言書が預けられているか確認する(証明書の請求)

遺言書保管事実証明書とは
遺言書保管事実証明書の交付の請求をし、特定の遺言者の、 自分を相続人や受遺者等又は遺言執行者等とする遺言書が保管されているか否かの確認ができます(遺言者が亡くなられている場合に限られます)。

遺言書保管事実証明書の交付の請求の流れ

1,交付の請求をする遺言書保管所を決める
交付の請求ができる遺言書保管所
全国のどの遺言書保管所でも、交付の請求をすることができます。

2,請求書を作成する
交付の請求ができる者
・相続人 ・遺言執行者等 ・受遺者等 左記の親権者や成年後見人等の法定代理人
添付書類
㋐遺言者の死亡の事実を確認 できる戸籍(除籍)謄本
㋑請求人の住民票の写し
>相続人が請求する場合
㋒遺言者の相続人であることを確認できる戸籍謄本
>請求人が法人である場合
㋓法人の代表者事項証明書(作成後3か月以内)
>法定代理人が請求する場合
㋔戸籍謄本(親権者)や登記事項証明書(後見人等) (作成後3か月以内)

3,交付の請求の予約をする

4,交付の請求をする
遺言書保管事実証明書の手数料は、1通につき800円です(必要な収入印紙を手数料納付用紙に貼って ください)。
送付の方法による交付の請求の場合は、ご自身の住所を記載した返信用封筒と、切手を同封してください。

5,証明書を受け取る
>窓口請求の場合
運転免許証等により本人確認をした後、遺言書 保管事実証明書をお渡しします。 請求人の住所に宛てて遺言書保管事実証明書を 送付します。
>送付請求の場合
遺言書が保管されている場合には、遺言書情報証明書の交付の請求や遺言書の閲覧を行い、遺言書の内容を確認することができます。

交付される遺言書保管事実証明書のイメージ画像
遺言書保管事実証明書のイメージ画像

認証文の種類
>相続人|保管されている

「上記の遺言者の申請に係る遺言書が遺言書保管所に保管され、上記のとおり遺言書保管ファイルに記録されていることを証明する。」

>相続人|保管されていない
「上記の遺言者の申請に係る遺言書が遺言書保管所に保管されていないことを証
明する。」
>相続人以外の方 |保管されている
「上記の遺言者の申請に係る請求人を受遺者等(略)又は遺言執行者等(略)とする遺言書が遺言書保管所に保管され、上記のとおり遺言書保管ファイルに記録されていることを証明する。」

>相続人以外の方 |保管されていない

「上記の遺言者の申請に係る請求人を受遺者等(略)又は遺言執行者等(略)とする遺言書が遺言書保管所に保管されていないことを証明する。」

相続人等が遺言書の内容の証明書を取得する(証明書の請求)

遺言書情報証明書とは
相続人等は、遺言書情報証明書の交付の請求をし、遺言書保管 所に保管されている遺言書の内容の証明書を取得することができ ます(遺言者が亡くなられている場合に限られます)。

遺言書情報証明書の交付の請求の流れ

1,交付の請求をする遺言書保管所を決める
交付の請求ができる遺言書保管所
全国のどの遺言書保管所でも、交付の請求をすることができます。
交付の請求ができる者
・相続人 ・受遺者等 ・遺言執行者等 左記の親権者や成年後見人等 の法定代理人

2,請求書を作成する
添付書類
法定相続情報一覧図の写しを活用ください

法定相続情報一覧図の写しを持っていない(添付書類㋒㋓㋔)

同一覧図の写しに住所の記載はない(添付書類 ㋑㋔)

添付書類
㋐法定相続情報一覧図の写し(住所の記載があるもの)
㋑法定相続情報一覧図の写し(住所の記載がないもの)
㋒遺言者の出生時から死亡時までの全ての戸籍(除籍)謄本
㋓相続人全員の戸籍謄本
㋔相続人全員の住民票の写し(作成後3か月以内)
受遺者、遺言執行者等が求する場合 請求人の住民票の写し
請求人が法人である場合 法人の代表者事項証明書 (作成後3か月以内)
法定代理人が作成する場合 戸籍謄本(親権者)や登記事項証明書(後見人等)(作成後3か月以内)
※遺言書を保管している旨の通知を受けた方が請求する場合等は、㋐から㋔までの書類の添付は不要です。

3,交付の請求の予約をする

4,交付の請求をする
遺言書情報証明書の手数料は、1通につき1,400円で す(必要な収入印紙を手数料納付用紙に貼ってください。)。
送付の方法による交付の請求の場合は、ご自身の住所 を記載した返信用封筒と、切手を同封してください。

5,証明書を受け取る
・遺言書情報証明書は、登記や各種手続に利用する ことができます。
・家庭裁判所の検認は不要です。
窓口請求の場合
運転免許証等により本人確 認をした後、遺言書情報証明書をお渡しします。
送付請求の場合
請求人の住所に宛てて遺言 書情報証明書を送付します。

交付される遺言書情報証明書のイメージ画像
遺言書情報証明書のイメージ画像

その他の相続人等への通知
相続人等が証明書の交付を受けると、遺言書保管官はその方以外の相続人等に対して遺言書を保管している旨を通知します。

相続人等が遺言書を見る(遺言書の閲覧)

相続人等は、遺言書の閲覧の請求をして、遺言書保管所で保管されている遺言書の内容を確認 することができます。閲覧の方法は、モニターによる遺言書の画像等の閲覧、又は、遺言書の原 本の閲覧となります(遺言者が亡くなられている場合に限られます)。

遺言書の閲覧の請求の流れ

1,閲覧の請求をする遺言書保管所を決める
閲覧の請求ができる遺言書保管所
モニターによる閲覧
全国のどの遺言書保管所でも、閲覧を請求することができます。
遺言書原本の閲覧
遺言書の原本が保管されている遺言書保管所でのみ閲覧を請求することができます。

2,請求書を作成する
閲覧の請求ができる者
・相続人・受遺者等・遺言執行者等 左記の親権者や成年後見人等の法定代理人
添付書類

3,閲覧の請求の予約をする

4,閲覧の請求をする
請求書を遺言書保管所に提出してください。
本人確認
請求人の本人確認のため、運転免許証等、 顔写真付きの身分証明書を提示していただきます。
※モニターによる閲覧の手数料は、1回につき1,400円です。
※遺言書の原本の閲覧の手数料は、1回につき 1,700円です。
※必要な収入印紙を手数料納付用紙に貼ってください。

5,閲覧をする
その他の相続人等への通知
相続人等が遺言書の閲覧をすると、遺言書保管官はその方以外の相続人等に対して遺言書 を保管している旨を通知します。