任意後見契約を結ぶには,どのようにしたらよいのですか?

任意後見契約を結ぶには,どのようにしたらよいのですか?
任意後見制度は、本人に十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)であって、本人に代わって任意後見人の監督を行う任意後見監督人を家庭裁判所が選任した時から効力を生じるものを公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。
任意後見契約は、必ず公正証書で締結しなければなりませんので、手続の詳細につきましては、お近くの公証役場までお問い合わせください。
なお、公証役場の所在地等については、各法務局のホームページ(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kakukyoku_index.html)で御案内しています。