業務案内

不動産登記

所有権保存登記・・・不動産の所有者についてはじめてする登記です。
所有権移転登記・・・売買、相続、贈与などを原因として不動産を取得した人のために登記します。
抵当権設定登記・・・債務者が債務を履行しないときの担保として債権者のために登記します。不動産を賃貸した場合に賃借人の権利を保全するために登記します。
各種抹消登記・・・売買や贈与が無効であったときの所有権抹消登記、弁済により債務が消滅したときの抵当権抹消登記など。

会社・法人登記

下記の一連の手続は全て当事務所で行います。
お客様は書類への押印など簡単な手続きだけですので、なかなか時間を取れない方でも安心してご依頼ください。

  1. 商号・目的調査
  2. 定款作成
  3. 認証手続
  4. 必要書類作成
  5. 登記申請
  6. 謄本取得

相続

相続登記とは、亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産(土地、建物、マンション)の所有権を相続人に移す登記です。

成年後見

成年後見とは、老後に認知症などで判断能力が低下した場合や、知的・精神障害等で判断能力が劣り、自分ひとりでは福祉サービスの契約や財産の管理をすることが難しい方の、生命・身体・財産などを、援助者(後見人)を選任する事によって法律的に守る事を目的とした制度です。